新築をあま市で買うなら

名古屋市近郊のベッドタウンであるあま市は、名古屋市内に約15分という好立地から人気が高まり人口増加傾向にあります。その為、一戸建ての新築はあま市で多く販売されています。人気上昇中のあま市物件情報をご紹介します。

あま市はどんな町?

あま市は愛知県の尾張地方にある市です。尾張七宝で有名な土地で、七宝焼を使った工芸品の製造が盛んです。市内全域がほぼ海抜ゼロメートルの平坦な土地ですから、日常生活の移動に難が無いのが魅力です。名古屋市の西に隣接したベッドタウンで、名古屋中心街まで約15分の好立地にあります。尾張地方でも人口増加の傾向にあり、約9万人・3,500世帯ほどが暮らしています。弥生時代の遺跡、戦国時代の名将、名跡なども多く、歴史情緒にも溢れています。主な交通は名鉄津島線ですが、市内を巡回するバスも運行されています。商業・公共施設も充実しており、学校施設も多数あることから、ファミリー層の注目を集めており、新築一戸建てが多数販売されています。

一戸建ての新築をあま市で購入!価格は?

あま市は愛知県でも名古屋市の中心部に近いベッドタウンという好立地から、新築一戸建の販売がさかんです。土地価格は坪単価20万円くらいが平均値で、場所によっては坪単価15万円ほどでも見つけることができます。土地を購入し、注文住宅で新築するのもいいですが、価格を抑えて一戸建てを購入するならば建て売り物件も魅力です。建て売りであれば、土地50坪前後・建物面積約30坪・4LDKで3,000万円以内の価格で探せます。
あま市には名古屋市内への交通として名鉄津島線の甚目寺駅・七宝駅・木田駅の3駅があります。駅ごとの価格帯にはそれほど差はありませんが、特急停車駅の甚目寺駅と木田駅が利用圏内にある物件に人気が集まります。

あま市で新築分譲マンションの価格は?

残念ながら、あま市は一戸建ての販売が多く、新築分譲マンションの数はそれほど多くありません。というのも、先に書いたようにあま市は名古屋市のベッドタウン的な位置づけの土地ですから、多少市街地から離れても戸建の購入を希望する層の人気が高いからです。マンションを希望するのであれば、名古屋市内のほうが新築・中古ともに物件数も多く、市街地での便利な生活を得られます。あえて近隣の市で家を購入するのですから、集合住宅よりも戸建を希望する人が多いのも納得です。
しかし全くないわけではありません。件数は少ないですが、新築分譲マンションの募集が出る際は、2?4LDKで2,800?3,500万円の価格帯の物件が販売されています。